毛穴にも種類がある

詰まり毛穴

汚れや古い角質が皮脂と混ざり、毛穴の中に詰まった状態。皮脂の多い鼻や眉間、あごなどに起こりやすく、触るとザラッとしているのが特徴です。

「毛穴」は名前のとおり毛を包むように肌表面にまで開いた穴です。奥には皮脂腺が存在し、分泌した皮脂が汗と混じることで、肌表面に「天然のクリーム」とも呼ばれる「皮脂膜」を形成、乾燥や外的刺激から肌を守っています。

ほかにも発汗による体温調節機能、不要なものを排出するデトックス機能もあり、私たちの体を守る上でとても大切な働きをしています。
放置すると毛穴を押しひろげ、毛穴の目立ちやニキビにつながることも。

黒ずみ毛穴 毛穴の中に詰まった皮脂が空気に触れて酸化したものや、詰まった汚れ自体の色で毛穴がポツポツと黒く見える状態。

ほかにも毛穴の奥の毛が黒く見えたり、毛穴のトラブルで毛穴周りの皮膚が色素沈着を起こし黒くなったりしていることも。
開き毛穴 皮脂が過剰に分泌されつづけると、毛穴が押し広げられ開きっぱなしになり、ぽっかりと目立つようになります。

また、加齢や乾燥により毛穴周囲の肌のハリが失われることでも開いて見えるようになります。

たるみ毛穴  肌の弾力が失われると開き毛穴が重力に負けて下にひっぱられ、楕円状に広がって見えます。毛穴同士がつながって見えることもあります。乾燥しやすい頬などに多く現れます。

https://tocantinopolisesporteclube.com/